残念ながら現状ではこの上なく稀有な例を除いて割引券販売店でクレジットカードでの支払いが出来る店舗は100%に近い確率でありえません。

上記のせいでMasterCard、NICOSなどののギフト券を駆使した直接的でないクレジットカード使用の事例は大半は現実的に実行するに近いなのです。

じゃあどういう方法を用いれば遠まわしに使うカードが出来るのでしょう?というとその方法とは今の時代、流行している電子マネーという総称のPASMO、iD、Smart Plus、だったりSuica(スイカ)、nanacoなど。

実は、こういうものを利用して直接商品を買うのでないクレジットカードをやる事も出来るのです。

PASMO、Webmoney、Smart Plus、とかSuica、nanacoなどはクレジットカードで買い取る事が可能な券:Edy(エディ)、Webmoney、QUICPay、またVISA Touch、nanacoなどに精通していない方々から見てみたら、ぼんやりと困難なイメージを類推するのかもしれませんが、電子マネーというものはいうなら変わったことのない金券です。

VISA、Diners clubなどのギフト券とまるっきり差異はありません。

またこういう電子マネーというものはクレジットカードを活用して簡素に買い物する事ができるという事が利点だったりするのです。

そしてこういう電子マネーというものはこのところ、スーパーをかわきりに駅ナカや様々な店舗などでも実用できるようになってきているようだ。

「このお店の物品を買うにはクレジットはご使用にはなれません」と貼り紙されているような店舗での購入でもEdy(エディ)、iD、Smart Plus、であったりSuica(スイカ)、WAON、nanacoなどであるなら運用できるケースが多いのです(カードポイントが多く得られる)。

よってクレジットが使えない販売店で遠まわしにクレジットカードを利用することで、カードポイントだけ儲けてもらおうというやり方です。

通常、ショッピングをするに限られていると獲得できないポイントなため絶対実行しちゃってはいかがでしょうか。