【全損】とは文字通り全てが壊れてしまった状態で、結果的に走行が出来ないなど自動車としての機能を満たさなくなった場面で用いられますが車の保険で言う『全損』は少なからずちがった意味が込められていたりします。

自動車保険の場合では自動車が損傷を受けた場合では全損と分損のように2つの状況に振り分けられ、分損は修復のお金が補償内でおさまる時を言い表しその場合とは逆に全損とは修理のお金が保険額より高くなる状況を言います。

普通の場合、修復で全損という場面では車の心臓となるエンジンに決定的な破損を受けたり、フレームが歪んでしまって直すのが無理な場合再利用か廃車にするのが一般的です。

ですが、事故を起こして販売会社や自動車保険会社がそのような修理の費用を計算した時に、例え表面が問題なく直すことが可能な場合でも修復費が補償額よりも大きければ何を目的として自動車の保険にお金を負担しているのか分からなくなりそうです。

こういうときには、全損と考えて愛車の所有権を自動車保険会社へと渡し補償金を負担してもらうシステムとなっています。

当然長い間連れ添った自動車で思い入れがあり、自分で修復をしてでも乗りたいと希望する方はかなり存在するので状態によって自動車保険会社と意見交換するといいでしょう。

そして、 保険の中にはこういった場合が考えられていて特約等『全損』の際に特約を設けているケースがいっぱりあり、例え、自分の車が『全損』なった際でも新しく車を買うなどの諸経費を一部もってくれる場面も存在します。

なお盗難にあった時の補償金の特約をつけている場合盗難にあったマイカーが見つからない場合も《全損》とされ保険が適用されるサービスになっているようです。