遠まわしに使うクレジットの方法は簡単です。クレジットを使ってストレートに買えないものをストレートに取引するのではなく間接的に取り寄せするのがより得策です。解説が容易な事により、商品券の例を採用して解説してみようと考えます。ある若者が価値のあるアクセサリーを欲しいとそれを見つめているとします。買いたい一流のアクセサリーを取り扱っている所では購入したくてもクレジットカード使用払いが認められません。ところがJCB、NICOSなどの金券によってなら払う事を承諾してくれるようなのです。したがってある女性はクレジットで商品券を購入する事ができるを売っている店舗に出かけクレジットを使用してJCB、MasterCard、Diners clubなどののギフト券を注文したとします。そのあとクレジットを駆使して買い取ったVISA、American Express、Diners clubなどの商品券をお店に携えていき、欲しかった有名な銘柄のアクセサリーを購入したとします。「なぜ商品券で購入した人物は例のような手間がかかることしなければいけないの?」と考える人もいるかもしれませんが、実のところ解説したプロセスを利用することで本来だと獲得する事はないカードポイントが手に入れられます。普段通り、直接お金を使う事でブランド財布を買い取りしたりした時はポイントはつきませんし、JCB、Diners clubなどの券を即金で買い取りしてから駆使してもクレジットポイントは貯まりません。一方上記で述べた事の時であるならVISA、NICOSなどのギフト券をクレジットで買ったという理由により、有名なアクセサリーを買い付けした場合と等しい分だけカードポイントが手に入れられる事になります。こういうケースが直接商品を買わずにクレジットカードを利用した事になっているという根拠により直接でないクレジットと言われる手順です。